【まとめ】Django + microCMSでつくるブログサイト

さいきんmicroCMSでサイトを作るのが楽しいです。 javascriptフレームワークであるNuxt.js等を使うのが一般的ですが、Djangoからも使えるのではないか?と思いました。

実験も兼ねて、DjangoとmicroCMSでブログサイトを作っていきます。

microCMSとは


microCMSはAPIベースの日本製ヘッドレスCMSです。 あらゆるチャネルの任意の箇所のみをCMS化が可能。 開発・運用コストを大きく下げることでビジネスを加速させます。 microCMSは日本製のヘッドレスCMSサービスです。 公式サイトより https://microcms.io/


簡単にまとめると、コンテンツの部分だけmicroCMSから更新できますよ、記事の内容はAPIを使って取得すればサイトで表示できますよ、ということだと思います。

デプロイ先

Netlifyに最終的にデプロイします。

メリット

Djangoサイトについては通常models.pyで定義したコンテンツを表示させます。 今回はmicroCMSで作成したブログ記事のAPIを取得し、djangoサイトに表示させていく、ということになります。記事の作成・更新・削除等のロジックを作り込む必要がないので、簡単な記述でブログを公開できる、というメリットがあります。

デメリット

API取得をベースにしたブログであることを考えると、静的な配信をする必要があります。
事前にhtmlファイルを作って、サイト公開という形です。

Djangoには静的配信の機能がデフォルトでないため、外部ツールを使用する必要があります。

ソースコード

一通り終わったのでgithubに公開しています。 https://github.com/qlitre/django-microcms-blog

デモサイト

https://keen-mestorf-103068.netlify.app/


記事一覧


TOPページ